水のつかいかたレシピ ナチュレールやご利用の皆様から届いたおすすめの水のつかい方をご紹介します。

保健衛生

フィゴーナ-H

《ちょっとだけ水の知識〜水道水について》

日本の水事情、水道水について、まず少しお話ししましょう♪

私たちが使う水道水は、生活者や企業等が使用し汚した後 、(川や地下水を汚し)、それを浄水場でろ過、殺菌、消毒され水道水として供給されます。

この浄水場から出てくる水道水には各家庭に”無菌状態”で届けるために、残留性のある塩素が入っています。

この塩素の濃度は、浄水場から一番遠い蛇口から吐水される時点で、最低0.1ppm以上の濃度でなければならないことになっています。 (ということは、浄水場に近ければ近いほど塩素濃度が濃いことになります。)

都市部や、浄水場に近い地域では、残留塩素の濃度が高くなる傾向にあり、実際の濃度はかなり高いものと思われます。
そして問題は、最低濃度は決まっていても上限が決まっていないことです。
1ppmでも2ppmでも構わないのです。 残留塩素の《メリット》は、安全性確保のための殺菌力であり、それは法律で規定されています。

わが国の水道水が世界一安全(?!)といわれるゆえんが、この残留塩素にあるのです。 逆に《デメリット》といえば、残留塩素の“酸化力”にあります。
しかも、残留塩素は身体の細胞を破壊し、蓄積されていくとも言われています。

せっかく肌にいいからと野菜や果物を食べるにしても、水道水の塩素でビタミンが破壊されたら、まったく意味がありません。。

しかも水道水を飲めば肌の細胞を壊すなんてなれば、どんなにスキンケアを行ってもこれもまた意味を成さない事になります。 この酸化力が髪や肌のタンパク質を酸化させてしまう可能性があるのです。


◎電解水素水生成器 フィゴーナについて詳細はこちら

 

ナチュレールから一言!

メリットとデメリットを知り、上手く生活の中で付き合っていくことが大切なのだと思います。