水のつかいかたレシピ ナチュレールやご利用の皆様から届いたおすすめの水のつかい方をご紹介します。

美容

フィゴーナ-H|フィゴーナ-R

風邪をひきそうな時の効果的なお風呂の入り方とは?

毎日寒いですね!

寒気がブルっと来た時
なんだか風邪をひきそうだなと思う時

にとっても効果的な入浴の仕方をご紹介します。

そもそも寒気とは
ウイルスと戦うために
身体が体温調節を「ウイルス撃退モード」に切り替えたことによって起こるものです。
しっかり体をあたためて、免疫力をつける必要があります。

でも、風邪をひいている時って
お風呂に入っちゃダメなんじゃない?

と思っていませんか?

昔の人はお風呂に入っちゃダメと言っていましたが
実は
寒気がしていても熱がなければお風呂に入ってもOKなのだそうです。


寒気がした時の対策は
「身体を冷やさない」
「お風呂で温まる」ということ。

 

お風呂(当社オリジナル商品電解水素浴システム デトックススパ フィゴーナR)
設定温度を1度高くしてみてください。

​いつも39度で入浴している人は、40度に
いつも40度で入浴している人は、41度に

そうやってしっかり汗を出すことで
予防効果が高くなるのです。

ポイントは
悪くなりそうな前に、早めに出しきる!


あたためた後は汗を流して
体の熱を放つことも大切です。
(汗をかいた服はすぐに着替えてくださいね)


お風呂の他にも
・葛根湯を飲む
・足湯
・卵酒や生姜湯
などで新陳代謝を高め発熱を促すことができます。


まずは風邪をひかないように
当社オリジナル商品
高機能水素水生成器 フィゴーナH(衛生水)
うがいと手洗いをしっかりして
寒い冬を乗り切りましょう!
 

◎お風呂(電解水素浴システム デトックススパ フィゴーナR)について詳細はこちら

 

ナチュレールから一言!